失業したらすること 就職・転職

失業したらすること 就職・転職

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

失業したら、まずハローワークに行こう!

失業したら、まずハローワーク(職業安定所)に行って、失業給付金の申請が必要だ。

 

ただしこれは失業保険(雇用保険)に加入していたらの話で、そうでなければ特に急ぐ必要はないが。

 

まあしかし、失業保険に加入していなくても、一度はハローワークに行って、情報収集した方がイイ。

 

私の場合、横浜に住んでいたので、新横浜の駅から少し離れた場所にあるハローワークに、毎月通ったものだった。

 

新横浜ラーメン博物館が途中にあり、帰りにそこでラーメンを食べることを励みに、トボトボとハローワークに通ったモノだった。

 


希望の職種はなかなかない。

ハローワーク、つまり公共職業安定所というのは、公的な機関で、信頼性も高いらしい。

 

だけど実はここに集まる求人というのは、結構偏りがあるようだ。

 

私の場合など、まず溶接はできますか?左官はどうですか?などと、えらく雰囲気の違う資格について尋ねられたコトを覚えている。

 

初級シスアドを持っていると答えると、そういう求人は残念ながらここにはないね、と言われ、どちらかというと町工場で働くための資格を持っていると有利だという話だった。

 

だから求人については、そんなにしゃれた仕事は期待しない方がイイ。

 

だがしかし、職業訓練には、マッサージだとかパソコンだとか、そういったコトを学べるカリキュラムが数種類用意されていて、希望すればただ同然で受講することができる。

 

残念ながら、通いにくい場所での講習だったので受けなかったが、これは結構な利点だと思ったもんだった。

 

失業保険の申し込みや認定手続きも行なっていて、一応、求職者の情報センターにはなっている。

 

失業保険を受け取る場合は、、失業保険給付の認定日が毎月決められ、その日に行くことになっている。

 

失業しているわけだから、原則的に日時を変更することは難しいが、何か用が別にあれば変更も可能だ。

 

スポンサードリンク

このエントリーをはてなブックマークに追加