Uターン・Iターンの是非 就職・転職

Uターン・Iターンの是非 就職・転職

★【文例集付】知らないから落ちる面接の4点減点法

★もう転職に失敗しない!90日で転職に合格するための最強の法則

Uターン・Iターンはどうか?

仕事探しの選択肢として、故郷に戻って就職したり、地方に仕事先を求めたりというUターン・Iターンもある。

 

退職をひとつの良い機会と捉え、生まれ故郷に戻ったり、別の場所で一から生活をスタートさせるというのも、選択肢としてはある。

 

ただしかし、故郷が田舎だったら、かなり危ない橋を渡る可能性もある。

 

だって、産業がないから田舎なワケだし。

 

あるとしても、大したお金にならない仕事が多い。

 

給料というのは、生み出した価値から支払われるモノではなくて、生活の費用として決まる事が多いから、生活費が安い田舎では、どうしても安くなる。

 

まあでも生活費も安いし、税金も多少安くなるから、可処分所得は十分かも知れない。

 

場合によっては、一戸建ても持てるしね。

 


地方には、カッコいい仕事はない

Uターン転職やIターン転職は、いま暮らしている地域とは別の土地での就職を希望するわけだから、なかなか情報をつかむことが難しい。

 

親や親戚が段取りしてくれているのであれば、色々と情報は入ってくるが、インターネットなどで公開されている情報だけでは、さすがに心許ない。

 

情報源としては、ハローワークや地方新聞、地方発行の求人情報誌などがあるが、それより地方自治体のUターン相談窓口へ行ってみる方が、確実だろう。

 

求人情報をチェックできるだけでなく、転職する際のアドバイスや、地方自治体が準備している優遇措置などについての情報も手に入る。

 

また、年に何回かは、全国の地方会社が集まるUターンIターン向けのイベントなども行なわれている。

 

この場合は、直接会社の担当者と話をすることができるので、より具体的な話もできるだろう。

 

お金儲けの神様、邱永漢さんも「よそ者が成功する」と言っていることだし、一度外に出た経験を生かして故郷で稼いだり、新しい土地でよそ者の視点を利用して稼ぐというのもイイかも知れないね。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

転職エージェント・ワークポート

マイナビ 薬剤師 転職

マイナビ 転職エージェント

マイナビエージェント×IT

マイナビ 女性の転職

女性の転職 とらばーゆ

IT・WEB業界専門 転職サービス
トップへ戻る